ititle.jpg

ハッピーアイドルライフ

きらレボの歴史

きらりんレボリューションは、少女漫画誌「ちゃお」(小学館発行)で2004年3月号から連載中で、同誌における看板作品です。アニメ化前までの連載誌は「ちゃお」のみでしたが、その原作の連載は2004年3月号に始まったが、「ちゃお」では原則として若手作家はシーズン制の連載方式を採っており、本作も当初はそれに則っていました。連載されるや否や次第に本作の人気が高まり、中原杏の作品では初めて連載期間が延長され、シーズン制を解かれました。

 2005年10月号からそれまでの看板作品だった『ミルモでポン!』のアニメ版終了に伴い、ミルモに代わって背表紙をなーさんが飾るようになり、同誌の看板作品へと登り詰めました。

 2006年4月のテレビアニメ化に先駆けて、「ちゃお」より低年齢を対象としたの雑誌にも連載を始めることになり、2006年3月に発売された小学館の「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」の2006年4月号から漫画の連載を開始されました。2006年7月には女児向け娯楽専門誌「ぷっちぐみ」が創刊、創刊号から看板作品として連載を開始しています。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフのゲームの目的は、クルキラカードを使ってきらりんレボリューションの主人公月島きらりに可愛い衣装を着せ、アイドルの仕事を成功させることです。


ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション クルキラカード

きらりんレボリューションハッピーアイドルライフのゲームの目的は、クルキラカードを使ってきらりんレボリューションの主人公月島きらりに可愛い衣装を着せ、アイドルの仕事を成功させることです。

クルキラカードとは、カードを回転させることによって、衣装の色を変更が出来るという画期的なシステムを実現させたカードです。カード裏面に目には見えない塗料でバーコード(QRコード?)が印刷されています。

「ドレスアップ」「トップス」「ボトム」「シューズ」「アクセサリ」「ヘアー」「メイク」「キャラクター」の8種類があり、「ヘアー」と「キャラクター」以外のカードが色変更に対応しています。(メイクの一部は未対応)色はそれぞれ「縦」「横」「斜め」の3種類が用意されています。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフのゲームの流れは、コイン投入→カード排出→「ゲームで遊ぶ」「カードを買うだけ」の選択→星座占い→1回目の着替え→課題曲発表→歌とダンスの練習(歌無し、1フレーズのみ)→2回目の着替え→なーさんチェック(衣装の得点を発表)→歌とダンスの本番→総合成績発表→おまけ・・・となっています。おまけは、「なーさんの今日の占い」「アイドル診断」「デートアドベンチャー」の3種類があり、「デートアドベンチャー」には出現条件あります。

ハッピーアイドルライフ

きらリンレボリューション パスワード

strong>きらりんレボリューションハッピーアイドルライフは、「歌手モード」の「かんたんモード」での遊び方があります。
このほかに「ふつう」モード、「むずかしい」モードもあって、はじめて遊ぶひとは、まずは「かんたん」モードがおすすめです。「なーさん☆レボリューション」も同じ遊び方です。「きらりんミルフィーカード」とのコラボパスワードもチェックしましょう。

 まずは衣しょうチェンジします。読み取りステージに乗せたクルキラカードを回すと、きらりちゃんの衣しょうの色を好みや気分に合わせて変えられます。

 そして、練習スタートです。きらりちゃんが歌っておどります。下の星にボールが流れてきたらタイミングよくボタンを押します。☆印が流れてきたらボタンを3回押します。本番の衣しょうが決まったら、なーさんのファッションチェックです。「なーさん☆レボリューション」はステージにいきます。

 いよいよ本番です。練習と同じように操作します。終了するとトータルチェックがはじまります。終了すると、ファッションステージ゙のトータルチェックがあります。ランクインで名前が登録できます。

 ゲームで高得点を出すためには、いくつかの秘密があります。ゲームのはじめに登場する「今日のせいざ」と相性のよい星座のカードを選びます。ステージの前に発表される「今日のきょく♪」や「撮影場所」に合わせて、カードを選びます。カード左右に金色のラインが輝くゴールドカードを組み合わせると、超レアなプラチナカードと同じ衣しょうが楽しめます。

ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション ハッピーアイドルライフカード 

きらりんレボリューションは、中原杏の漫画作品です。およびそれを原作としたテレビアニメ。略称は「きら☆レボ」「きらレボ」です。2006年4月のテレビアニメ化に先駆けて、「ちゃお」より低年齢を対象としたの雑誌にも連載を始めることになり、2006年3月に発売された小学館の「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」の2006年4月号から漫画の連載を開始しました。

 2006年7月には女児向け娯楽専門誌「ぷっちぐみ」が創刊、創刊号から看板作品として連載を開始しました。そして2007年度にはアニメ版の延長を受け、アニメの視聴年齢層を拡大させる狙いもあり、「ちゃお」と対象年齢がほぼ重なる「小学三年生」「小学四年生」でも連載開始。2007年度「小学四年生」連載分はタイトルがきらりんレボリューション きらりとあかり編で、内容が女子小学生の2人組がアイドルデビューをするのを、月島きらりが支えるというものに改変されています。

 きらりんレボリューション」のアーケード版カードゲーム(「オシャレ魔女ラブandベリー」の系統に属するゲーム)であるハッピー・アイドルライフは、機械で買えるカード以外に、イベントで配られたり、雑誌の付録になったりしているカードがあります。そういうカードのことをプロモーションカードといいます。すでに何種類か出ているようなのです。

ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション ミルフィーカード集め

きらりんレボリューションのアニメ版の後期頃から、原作とアニメは双方ほぼ別のストーリーで物語が進行していました。また、それにより主な登場人物も、同じ人物でありながら原作とアニメで性格が異なっていたり、原作かアニメどちらか一方にしか登場しない人物もいます。

 なーさん、なーやん、みゃ〜さん三兄弟の生まれと各々のもらわれ方が全く異なっています。 アニメでは久住小春が所属するモーニン娘。の放送当時リーダー吉澤ひとみや、第2期エンディングを歌っていた℃-uteが本人役でゲスト出演したこともありました。

 きらりんレボリューションのアニメは、初期〜中期頃の物語では、原作のストーリーを大まかにカットし、一部をアニメオリジナルの展開で補い、結末だけを繋げるという手法の回が多々放送されていました。

そして、大人気のきらりんレボリューションのミルフィーカード。袋の中に、シチュエーションカード1枚と透明カード5枚が入って367円(税込み)で販売されています。透明カードには、きらり、トップス、ボトムス、シューズ、アクセサリーがあり、カテゴリーごとにランダムに入っています。

ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション カードゲーム

きらりんレボリューションの主人公。月島きらりは、ごく普通に暮らす14歳の中学生で、「10年に1度の逸材」だと言われる程の美少女だが、非常な食いしん坊・音痴・天然ボケな女の子です。

 音痴さはドラえもんに出てくるジャイアンさえ逃げるとさえ言われたこともあります。裁縫や料理も下手であり、非常に無茶な事をする時も多いが、SHIPSに助けられてピンチを切り抜けます。

 また、かなりの世間知らずです。星司に一目惚れする一方、宙人には最初は「性悪男」と言って反感を持っていたが、徐々に好意を寄せていきます。宙人を好きだと自覚したが、宙人は自分を何とも思っていないと勘違いします。そのために悩んでいた時に宙人の言葉に励まされ、変わらずに宙人を想い続けます。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフは、1プレイ100円で楽しめるアクションカードゲームです。クルキラカードを組み合わせて衣装をコーディネートしたり、歌番組やコンサートに出演してアイドルライフが楽しめます。

 ハッピーアイドルグランプリという公式イベントが地域や店舗によって開催されます。コーディネートとステージのトータルチェックで点数を競いあい、最高得点を出せばグランプリ獲得です。ベストハッピーアイドル認定書がもらえ、参加者全員には、クルキラポケットデコレーションシールをもらえます。

ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション プロモーションカード

きらりんレボリューションのアーケード版カードゲーム(「オシャレ魔女ラブandベリー」の系統に属するゲーム)のハッピー・アイドルライフ。

 このハッピー・アイドルライフは機械で買えるカード以外に、イベントで配られたり、雑誌の付録になったりしているカードがあります。そういうカードのことをプロモーションカードといいます。すでに何種類か出ているようです。

 とりあえず、ちゃお&ちゅちゅサマーフェスティバル2006で配布されたプロモーションカードが3種類、ちゃおの付録のカードが1種類、入学準備 小学一年生の付録のカードが1種類の合計5種類です。サマーフェスティバルで配布されたカードはカード番号が印刷される位置に PR とだけ印刷されていますが、雑誌の付録の方は、003、008 という風に数字が印刷されています。現時点で最新のプロモーションカードは入学準備 小学一年生の付録のプリンセスたてロール、カード番号 008-PR だ
と思います。

 ちなみに、ちゃおのカードはシャボンフェスティバル、カード番号 003-PR です。あと、バラライカのCD(の初回限定版)についているきらりんレボリューションカードの裏側がハッピー・アイドルライフのカードになっているという、ある意味特殊なカードもあります(カード番号 001-PR、「シャイニーリボン」)。

ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション ちゃお ぷっちぐみ

きらりんレボリューションは、少女漫画誌「ちゃお」(小学館発行)で2004年3月号から連載中で、同誌における看板作品です。アニメ化前までの連載誌は「ちゃお」のみでしたが、その原作の連載は2004年3月号に始まったが、「ちゃお」では原則として若手作家はシーズン制の連載方式を採っており、本作も当初はそれに則っていました。連載されるや否や次第に本作の人気が高まり、中原杏の作品では初めて連載期間が延長され、シーズン制を解かれました。

 2005年10月号からそれまでの看板作品だった『ミルモでポン!』のアニメ版終了に伴い、ミルモに代わって背表紙をなーさんが飾るようになり、同誌の看板作品へと登り詰めました。

 2006年4月のテレビアニメ化に先駆けて、「ちゃお」より低年齢を対象としたの雑誌にも連載を始めることになり、2006年3月に発売された小学館の「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」の2006年4月号から漫画の連載を開始されました。2006年7月には女児向け娯楽専門誌「ぷっちぐみ」が創刊、創刊号から看板作品として連載を開始しています。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフのゲームの目的は、クルキラカードを使ってきらりんレボリューションの主人公月島きらりに可愛い衣装を着せ、アイドルの仕事を成功させることです。

ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション 月島きらり

きらりんレボリューションの主人公月島きらりは、14歳の中学2年生。ある日のこと、きらりは人気アイドルグループ『SHIPS』の日渡星司と出会い一目ぼれをします。星司に近づきたい一心でアイドルになることを宣言しますが、しだいにアイドルという職業そのものへの関心を強めていきます。

 きらりんレボリューションの主人公月島きらりは、ドジで頼りない性格ですが、天性の明るさや失敗を乗り越える努力によってアイドルとしての才能を開花させていきます。飼い猫のなーさんやSHIPSに支えられつつ、様々な試練を乗り越えてアイドルの道を進んでいく物語です。少女漫画誌「ちゃお」(小学館発行)で2004年3月号から連載中で、同誌における看板作品です。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフは、主人公に月島きらりになりきって、アイドルのお仕事(歌番組出演やコンサート)を楽しめるアクションカードゲームです。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフは、お店でプレイしている時、着替え画面で、青と緑のボタンを同時に押すと、パスワード入力画面になります。ゲーム機で発表したパスワードを入力すると、スペシャルカラーのコーディネートが楽しめます。全部で5つのパスワードパスワードがあります。

ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューションは、中原杏の漫画作品です。およびそれを原作としたテレビアニメで、略称はきらレボ。少女漫画誌「ちゃお」(小学館発行)で2004年3月号から連載中で、同誌における看板作品です。平成18年度(第52回)小学館漫画賞児童向け部門受賞。単行本(ちゃおコミックス)は2008年2月現在11巻まで刊行されています。

「ちゃお」2004年12月号の付録CDに音声ドラマが収録されたのを経て、2006年4月からテレビ東京系列にてテレビアニメ化されました。主人公・月島きらり役の久住小春が、月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)として主題歌CDをリリースするなど、幼児・小学生女子に向けたメディアミックスが盛んに行われています。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフは、主人公の月島きらりになりきって、アイドルの仕事(歌番組出演やコンサート)を楽しめるアクションカードゲームです。クルキラカードを回して、服や髪の色を好みや気分に合わせて自由にアレンジできます。おしゃれや恋愛をキーワードにした憧れのアイドルライフをトップアイドルになりきって送ることができます。 

 高得点を出すには、ゲームのはじめに登場する今日の星座と相性の良い星座のカードを選ぶ、ステージの前に発表される今日の曲や撮影場所によってカードを選ぶことです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。