ititle.jpg

ゲーム

きらりんレボリューション めざせ!アイドルクィーン

きらりんレボリューションめざせ!アイドルクイーンは、人気アイドル漫画「きらりんレボリューション」を題材にしたDSのゲームで、コナミから発売されています。

このゲームは、人気アイドルとなった主人公「月島きらり」が、芸能界でより優れたアイドルを目指してレッスンやお仕事、いろいろなイベントに取り組み、成長する姿を描いたゲームとなっています。

ゲームには、きらりの生活する街を中心とした世界をフィールドマップとして搭載し、プレイヤーは月島きらりになりきり、その世界を過ごすことになります。フィールドにちりばめられたいろんなイベントを攻略したり、レッスン教室で腕を磨くことで、パラメーターが成長し、その状態によって新しいお仕事がゲットすることができます。遊んだ内容に応じて異なるエンディングへと向かうシステムとなっています。

また、ミニゲームのコーナーでは通信によって対戦が可能となっており、DSダウンロードプレイも用意されていて、最大4人できら☆レボワールドを体感することが可能となっています。


ゲーム

きらレボ 人生ゲーム

きらりんレボリューション人生ゲームは、プレーヤーの主人公の月島きらりになって、アイドルとして芸能界の様々な試練を体験しながらゴールのアイドル革命(レボリューション)を目指すというものです。お金を貯めるのではなく、人を幸せにするエネルギー「きらりんポイント」を貯めていき、最終的に「きらりんポイント」を一番多く貯めた人が勝ちというゲームです。

途中の道のりはとても大変ですが、なーさん達やSHIPSの2人に力を借りて、アイドル革命をおこして、きらりになってNo.1アイドルを目指すこととなります。

かわいいデフォルメフィギュアコマで遊びます。きらり、なーさん、なーやん、みゃ〜さん、カメさん、の小さくてかわいいフィギュア付きです。ミルフィーカードではファッション対決も可能です。

きらりんレボリューション人生ゲームオリジナル ミルフィーカードの「シチュエーションカード」+「透明カード」がそれぞれ4種付いてます。別売のきらりんミルフィーカードもゲームに使えるようになっています。スキルブレスレットをつけて、オシャレしながらゲームを楽しむことができます。

ミルフィーカードの第2弾として、「劇場版どうぶつの森 ミルフィーカード」があります。「どうぶつの森」は、映画にもなりました。ミルフィーカードが「きらりん☆レボリューション」だけでは終わらないということでしょうね。

ハッピーアイドルライフ

きらレボの歴史

きらりんレボリューションは、少女漫画誌「ちゃお」(小学館発行)で2004年3月号から連載中で、同誌における看板作品です。アニメ化前までの連載誌は「ちゃお」のみでしたが、その原作の連載は2004年3月号に始まったが、「ちゃお」では原則として若手作家はシーズン制の連載方式を採っており、本作も当初はそれに則っていました。連載されるや否や次第に本作の人気が高まり、中原杏の作品では初めて連載期間が延長され、シーズン制を解かれました。

 2005年10月号からそれまでの看板作品だった『ミルモでポン!』のアニメ版終了に伴い、ミルモに代わって背表紙をなーさんが飾るようになり、同誌の看板作品へと登り詰めました。

 2006年4月のテレビアニメ化に先駆けて、「ちゃお」より低年齢を対象としたの雑誌にも連載を始めることになり、2006年3月に発売された小学館の「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」の2006年4月号から漫画の連載を開始されました。2006年7月には女児向け娯楽専門誌「ぷっちぐみ」が創刊、創刊号から看板作品として連載を開始しています。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフのゲームの目的は、クルキラカードを使ってきらりんレボリューションの主人公月島きらりに可愛い衣装を着せ、アイドルの仕事を成功させることです。


動画

きらりんレボリューション テレビアニメ

きらりんレボリューションは、少女漫画誌「ちゃお」(小学館発行)で2004年3月号から連載中で、同誌における看板作品となっています。平成18年度(第52回)小学館漫画賞児童向け部門で受賞しています。単行本(ちゃおコミックス)は2008年2月現在11巻まで刊行されています。

 テレビアニメの第3シリーズ(第103話以降)はキャラクター設定や監督などのスタッフが大きく入れ替わったため、番組内では『きらりん☆レボリューション STAGE3』というタイトルが使われています。ただし、関連商品は従来のタイトルのままである。キャラクターデザインが大幅なモデルチェンジを受け、3DCGを使った作画が特徴となっています。

 同時にハイビジョン製作となり、デジタル放送でのアスペクト比が16:9に拡大されました(第102話までは4:3)。なお、アナログ放送ならびにCS放送では、サイドカットをして従来通り4:3のままで放映されています。背景画には、テレコム・アニメーションフィルムの元美術監督をスーパーバイザーとして招いています。

アニメ版「きらりん☆レボリューション」と「きらりん☆レボリューション STAGE3」は、連続した物語であり、放映話数も通して数えられています。ホームページでは、次回の予告動画も見る事が可能です。

 スカイパーフェクTV!のAT-Xは8日遅れ、キッズステーションは88日遅れで放送されています。 テレビ東京系列外のテレビ局では『とっとこハム太郎』の後番組として放送されている所が多いようです。

ハッピーアイドルライフ

きらりんレボリューション クルキラカード

きらりんレボリューションハッピーアイドルライフのゲームの目的は、クルキラカードを使ってきらりんレボリューションの主人公月島きらりに可愛い衣装を着せ、アイドルの仕事を成功させることです。

クルキラカードとは、カードを回転させることによって、衣装の色を変更が出来るという画期的なシステムを実現させたカードです。カード裏面に目には見えない塗料でバーコード(QRコード?)が印刷されています。

「ドレスアップ」「トップス」「ボトム」「シューズ」「アクセサリ」「ヘアー」「メイク」「キャラクター」の8種類があり、「ヘアー」と「キャラクター」以外のカードが色変更に対応しています。(メイクの一部は未対応)色はそれぞれ「縦」「横」「斜め」の3種類が用意されています。

 きらりんレボリューションハッピーアイドルライフのゲームの流れは、コイン投入→カード排出→「ゲームで遊ぶ」「カードを買うだけ」の選択→星座占い→1回目の着替え→課題曲発表→歌とダンスの練習(歌無し、1フレーズのみ)→2回目の着替え→なーさんチェック(衣装の得点を発表)→歌とダンスの本番→総合成績発表→おまけ・・・となっています。おまけは、「なーさんの今日の占い」「アイドル診断」「デートアドベンチャー」の3種類があり、「デートアドベンチャー」には出現条件あります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。